やわたのブルーベリーで緑内障の予防改善

緑内障ってどんな病気か知っていますか。目の病気のひとつです。視野がどんどん狭くなっていく病気です。緑内障は自覚症状が少ないので、自覚していても「疲れ目かな?」という程度だといいます。しかしそのままにしておくと、失明の危険があるのです。失明の危険があるのに、疲れ目程度にしか自覚が出ないのが緑内障の怖いところです。疲れ目程度で病院にわざわざいく人はあまりいないかもしれないですよね。

 

そんな緑内障ですが、主な原因は活性酸素による目の神経の圧迫だとされています。活性酸素は紫外線が網膜を通して目の中に入り、活性酸素を発生させてしまうのです。若いうちは、活性酸素が発生してもそれを分解する酵素がすぐに分泌されます。しかしながら老化とともに酵素が現象するため、活性酸素がうまく分解されず、緑内障を引き起こしてしまうのです。ですから緑内障は比較的ご高齢の方がなりやすい病気とも言えます。

 

酵素がうまく分泌できなくなってしまったにぜひやわたのブルーベリーをおすすめします。もちろん、酵素がまだ分泌される方にもおすすめします。目というのは消耗品なので、日頃から眼病予防が大切だからです。なぜやわたのブルーベリーが良いのかというと、アントシアニンという成分を多く含んだビルベリーという北欧産の野生種を使っているからです。アントシアニンという成分は植物が紫外線などの外敵から身を守るために分泌したポリフェノールの一種で、活性酸素を抑える働きがあります。

 

ですから、緑内障の原因となる活性酸素をやわたのブルーベリーを飲み続けることで抑えられるので結果として緑内障の予防や改善につながるわけです。目は消耗品ですが、それでも目の健康のためにできることはしておいた方がいいですよね。やわたのブルーベリーは1袋1680円です。気になった方はぜひお試し下さい。